太陽光発電・オール電化・スマートハウスなどの施工販売のことなら、埼玉県越谷市の日本ファクター株式会社

0120-978-208 受付時間/9:00~20:00

お問い合わせはこちら

産業用太陽光発電・自家消費型

産業用太陽光発電

産業用太陽光発電システムの導入は、日本ファクターにお任せください。

産業用太陽光発電は、遊休地、アパートの屋根やマンション、オフィスビル、工場の屋上などに設置するための太陽光発電システムです。日本ファクターでは、お客様にとって設置したい場所や規模によって最適なパネルを、専門スタッフがご提案いたします。太陽光発電は、自然エネルギーを利用するので環境にやさしく、会社や工場などの屋根を有効活用いただけます。さらに、作り出した電力を全て電力会社へ売電することも出来ますので、社会の電力需要軽減への貢献や、経費削減が可能になります。また、太陽電池モジュール建物屋根の二重屋根構造となり断熱効果得られるので、空調費の節約にも繋がります。

産業用太陽光発電のメリット
  • 遊休地を活用できる

    設置する場所の広さに合わせて自由に規模を決めることができるため、一般家庭から大規模施設までそれぞれの施設に合ったシステムを設置することができます。発電時に騒音や排出物も出さないので日射量さえ確保できれば、設置場所を選びません。屋根や屋上などへの設置のほか、近年ではビルの壁に設置するケースも増えています。

  • クリーンでエネルギーが尽きない

    太陽光発電の最大のメリットは、エネルギー源が無尽蔵で、クリーンである点です。石油を燃焼させて電気を起こす火力発電のように、発電時にCO2 (二酸化炭素)や、SOX (硫黄酸化物)NOX (窒素酸化物)などの大気汚染物質を発生させることがありません。

  • 長期間の設置が可能

    ソーラーパネルはほとんど可動部分はなくシンプルな構成のため、システムの寿命も比較的長いです。現在太陽光発電に用いられる太陽電池モジュールの耐用年数は、20年以上とされています。(設置場所などの諸条件によって変わります。)(設置場所などの諸条件によって変わります) 。

自家消費型

自家消費型太陽光発電がおトクな時代へ 産業用太陽光発電システムの導入もおまかせください!!

自家消費型のメリット
  • 電力コストの削減

    自家消費型,太陽光発電を導入する最大のメリットは、電力コストの削減です。自社で使用する電力を全て電力会社から購入することに比べて電力コストを削減することが可能です。

  • 売電よりもお得な時代に

    これまで、太陽光発電と言えば、売電目的で行うことが一般的でしたが、固定価格買取制度(FIT)による売電単価の引き下げにより、売電よりも、自家消費のメリットの方が大きくなりつつあります。

  • CO2削減で未来の地球に貢献します

    太陽光発電はCO2を排出しないため電力会社から電力を購入する場合と比べて、CO2の削減が可能です。自社の環境への取り組みをPRすることもできます。

売電よりもお得な時代に

これまで、太陽光発電と言えば、売電目的で行うことが一般的でしたが、固定価格買取制度(FIT)による
売電単価の引き下げにより、売電よりも、自家消費のメリットの方が大きくなりつつあります。

低圧契約の場合
売電より自家消費の方がお得
電力購入単価(1kw当たり) 27〜28円程度 + 賦課金2.9円
売電単価(1kw当たり) 18円(2018年) →
15円 予定 (2019年)
高圧契約の場合
2019年以降は、売電より自家消費の方がお得!
電力購入単価(1kw当たり) 15~16円程度 + 賦課金2.9円
売電単価(1kw当たり) 18円(2018年) →
15円 予定 (2019年)

自家消費型太陽光発電の
税制措置・金融支援について

↑