太陽光発電・オール電化・スマートハウスなどの施工販売のことなら、埼玉県越谷市の日本ファクター株式会社

0120-978-208 受付時間/9:00~20:00

お問い合わせはこちら

新着情報

スマートハウスとは

こんにちは!レイクタウン mori 1F 京セラソーラーFC越谷です。

 

エネルギーをより効率的に利用するための工夫が加えられている住宅のことを「スマートハウス」と言います。

スマートハウスという言葉が普及する前までは「省エネ住宅」と表記されることもありました。

近年、日本全体でエネルギーや電力への関心が高まってきていますが

同時にスマートハウスへの期待や注目度も上昇中です。

 

以前から多くのハウスメーカーや家電メーカーが一緒になって取り組んでいた住宅の省エネ化ですが

ここ数年で「国による補助金などの支援」や「民間団体による普及活動」が活発になったことから

これから更に普及が進むと見込まれています。

 

スマートハウスに関係した機器は様々なものがあります。

大きく分類すると「省エネ機器」「創エネ機器」「蓄エネ機器」の3つに分類することができます。

 

「京セラソーラー スマートハウス」の画像検索結果

 

省エネ機器(エネルギーを使う)

消費エネルギーを省くことに役立つ機器です。

エネルギー消費量の少ない電化製品や、HEMSのように直接的にはエネルギーを省かないけれど

間接的に省エネに役立つといったような機器も含まれます。

 

 ・HEMS

 ・スマートメーター

 ・省エネ家電

 ・スマート家電 など

 

創エネ機器(エネルギーを創る)

エネルギーを創ることができる機器です。

一般にも広く普及し始めた太陽光発電システムや、エネファームなどが含まれます。

 

 ・太陽光発電システム

 ・太陽熱発電システム

 ・燃料電池システム

 ・小型風力発電システム

 ・ガスコージェネレーションシステム(エネファーム) など

 

蓄エネ機器(エネルギーを貯める)

家庭用蓄電池がその代表的製品です。

また、蓄電池に蓄えた電力を流すためのもこちらの項目に含まれます。

 

 ・家庭用蓄電池

 ・EV(Electric Vehicle:電気自動車)

 ・PHV(Plug-in Hybrid Vehicle:プラグインハイブリッドカー)

 ・V2H(Vehicle to Home:EV/PHV車両に蓄えた電力を住宅に供給する仕組み)

 ・H2V(Home to Vehicle:住宅からEV/PHV車両に電力を供給する仕組み)

 

これら全てが揃っている必要はありません。

エネルギー管理を行う核となるHEMSは欠かせませんが

その他の一部の製品を使用しているだけでも「スマートハウス」と言うことができます。

 

空いている屋根に太陽光発電パネルを置き、蓄電池を自宅内に持つ。

これだけでも震災時に情報を得たり、食事を作ったり、暖を取ったりすることが可能になります。

 

更に、二酸化炭素や排気ガスのイメージが強い自動車も

電気自動車や燃料電池車などにすることでクリーンなイメージの乗りものに変わります。

地球環境に優しく、無駄なエネルギーの使用は排除されていき

自宅でできることは自宅でする「スマートライフ」が主流になっていくでしょう。

 

 

京セラソーラーFC越谷

イオンレイクタウン mori 1F (トヨタモールさん前)

TEL 048-973-7515

営業時間 9:00~22:00 (年中無休)

↑