太陽光発電・オール電化・スマートハウスなどの施工販売のことなら、埼玉県越谷市の日本ファクター株式会社

0120-978-208 受付時間/9:00~20:00

お問い合わせはこちら

新着情報

太陽光の発電効率 季節の違い

こんにちは!レイクタウン mori 1F 京セラソーラーFC越谷です。

 

太陽光発電はこれからの季節、発電効率が良くなります

 

【太陽光発電の発電量は夏より冬の方が多い?】

太陽光発電と言えば、日照時間が長くなればなるほど発電量が多く
なるイメージです。
ところが、実際は驚いたことに、
夏場の発電量が伸び悩んでしまうそうです。
それは一体なぜなのでしょうか? 
季節による発電量の違いがあります。


【損失率は冬がもっとも低い】

ソーラーパネル内部の温度上昇によって発電量が減少してしまう
ことを、「温度の損失」と言います。この損失率は、
春・秋(3~5月・9~11月)が8~15%、夏(6~8月)が11~20%、

冬(12~2月)が5~10%となっており、
冬場がもっとも発電量をロスせずに済むのです。

【発電量は季節によって異なる】


ソーラーパネルは、カタログに記載されている基準の
25℃から1℃上昇するごとに、0.4%から0.5%ほど効率
が下がるとされています。夏になると日中の気温が40℃
になることも珍しくない昨今、ソーラーパネルは70℃近くまで
上昇すると考えられます。そうなった場合、発電効率がなんと
10~20%近く落ちてしまうこともあるのです。

tenki04
太陽光発電は日光に頼るしかないため、
気温や日照時間、季節や天候といったさまざまな
条件により左右され、発電量がそのときどきで変動してしまいます。
「想像していたよりも発電量が少ない」とお困りの方は、
季節や地域などに応じてご家庭内で使用を抑える等の対策をとると良いでしょう。

【1年の中でもっとも発電量が多いのは3~5月】

1kWあたりの年間発電量は、地域差があるものの、
900~1400kWhほどとなります。これを月別、かつ1日
あたりの平均発電量に換算すると次の通りです。

・1月 2.86kWh/日
・2月 3.28kWh/日
・3月 3.50kWh/日
・4月 3.90kWh/日
・5月 3.90kWh/日
・6月 3.29kWh/日
・7月 3.48kWh/日
・8月 3.76kWh/日
・9月 3.40kWh/日
・10月 3.20kWh/日
・11月 2.70kWh/日
・12月 2.65kWh/日

この数字からもわかるように、1年の中でもっとも発電量が多いのは
日照時間が長く、かつ夏ほど気温が上昇しない春(3~5月)です。
前述の通り、夏は日照時間が長いものの温度の損失が多く、
冬場や梅雨時は損失率が低いかわりに日照時間が短くなってし
まいます。そのため、安定して太陽光発電による電力が供給
されるのは3~5月となるのです。

 

 

【固定単価買取制度について】

2019年問題の固定単価買取制度が今年初めて終了される方が出て来る事に対し、

 

「太陽光発電しても余った電気を買い取って貰えなくなる」のではないかと

 

間違えた情報がいきわたっているようですが

 

ご安心下さい!まだまだ買取はされます。 

 

固定買取制度は最初にご契約した年から

 

10年間の買取をお約束させて頂く制度です。

 

「2019年問題」とは

 

その10年を迎える方が今年初めておいでになるという事です

 

今年設置される方は、ご契約から10年間の買取をお約束させて頂きます。

 

太陽光発電をお考えの方は、是非、ご相談下さい。

 

太陽光発電は国の推進事業です

 

ご契約頂いてから、設置認定などに時間がかかります。

 

補助金の対象になる可能性の有る方に関しては、書類等をそろえる時間等が必要です

 

消費税増税等もありますので、これからかなり混雑が予想されます。

 

今から、余裕を持って進めてみませんか?

 

最初は、ご自宅のお屋根の発電量シミュレーションです!

 お屋根によって発電量は様々です。

 

自分の家がどの位の発電をして、

どの位の経済効果が出るのかを知ってください。

 

設置するか、設置しないか考えるのは、その後です!

 

 soudesu

 

まずは、シミュレーション!!

 

太陽光をご検討の方、お気軽にご相談ください!

 

本日も最後まで読んで頂きまして

 

ありがとうございます(=^・^=)

 

 

京セラソーラーFC越谷

イオンレイクタウン mori 1F (トヨタモールさん前)

TEL 048-973-7515

営業時間 9:00~22:00 (年中無休)

↑