太陽光発電・オール電化・スマートハウスなどの施工販売のことなら、埼玉県越谷市の日本ファクター株式会社

0120-978-208 受付時間/9:00~20:00

お問い合わせはこちら

蓄電池

蓄電池と太陽光発電で、停電や非常時の安心を

日本ファクターでは蓄電池の販売から施行まで一貫して行なっております。

レイクタウンショールームにて実際の蓄電池のラインナップをご覧いただけます。お近くへお越しの際はぜひ、お立ち寄りください。

  • レイクタウンショールームについて
  • お問い合わせはこちら

※事前にご来場予定日時などをご連絡いただけますと、スムーズにご案内が出来ます。
お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

停電時でも大きな安心を

蓄電池があれば
  • 電気の自給自足へ
  • 電気代の節約に

太陽光発電と組み合わせ

蓄電池と太陽光発電を組み合わせると、長期の災害時でも安心です

知ってましたか?2019年問題

蓄電システムによる自家消費

(太陽光発電業界の)2019年問題とは?

住宅用の太陽光発電は、固定価格買取制度を使うと、10年間売電できる権利と売電価格が保証されます。住宅で発電して、使い切れなかった電力(余剰電力)を、売電契約を結んだ電力会社が買い取ることを義務づけます。売電契約を結んだ時点で定められる売電価格は、10年間は原則として変えられないことを国が約束します。つまり、固定価格買取制度は、電力会社の義務と国の約束により、太陽光発電を設置する人に対して10年間の長期的な経済性を確保するものなのです。住宅向けの固定価格買取制度は、2009年に始まりました。この時、あるいは制度が始まるより先に住宅用太陽光発電を始めていた家庭は、2019年になると売電できる権利と、売電価格が維持されるという保証を失います。

余剰電力買取制度の買取義務期間10年経過後は、電力会社に買取価格が補償されない!

余った電気は売らずに使い切るがお得!

売電から蓄電へ!

↑